ヨシケイの夕食ネット活用術

ヨシケイの夕食宅配食材、ネットスーパーなどの使い分け法

我が家では基本的に「夕食ネット」というヨシケイサービスの宅配で、食材を買っています。

野菜、お肉、魚などの夕食食材をまとめて1日分お届けしてくれるので、ほとんどの夕食はこちらで買うようにしています。


重たい買い物などは、家の前まで持ってきてもらえるためとても便利です。

配達は注文した日だけ持ってきてもらえます。

毎日注文しておくと毎日持ってきてくれるのですが、2週間分をまとめて注文しているので、朝食、昼食とを計算にいれて、慣れてくるとそれも楽で計画を立てるのも簡単になります。



野菜の使い方の工夫の仕方があるのですが、届いた野菜は必ず「Pプラス」という野菜保存袋に入れるようにしています。

野菜を新鮮なまま保持してくれる袋で、ジッパーが付いたナイロン製の袋です。


ヨシケイは1日の食材は1日で使い切ることをおすすめしていますが、野菜などは人数分よりも多く届くので残ってしまいもったいないと感じることが少なく無いです。なので、最近は保存しておくようにしています。

Pプラスは色々な大きさがあるので、根菜用、葉野菜用、味噌汁用の小さくなった野菜、などといった風に、用途に分けてさまざまな袋を用意しています。

この袋は洗って何度も繰り返し使えるため経済的です。

この袋に入れておくと、葉野菜でも1週間くらいはいたまずに保持できるのでとても便利です。



野菜の使う順番は、まず届いてから数日の間にいたみやすい葉野菜などを優先的に使います。

そして、次の宅配の直前には根菜など、日持ちする野菜を使うようにしています。

乾物などもこの時期には良く使い、1週間の両の調整に役立てています。





こちらのヨシケイの注文は、配達の2週間~3週間ほど前にしていますが、急に明日の夕食が必要になった場合でも前日なら問題なく注文できます。

それ以外では、急に必要になった食材はネットスーパーを利用しています。

ネットスーパーでは、午前中に注文したものを午後に届けてくれるシステムがあるのでとても重宝しています。